オンラインで簡単!商標登録代行業者5選!

本記事では、商標登録を検討している方向けに、オンラインで利用できる代行業者4選とその選び方を紹介します。商標登録のメリットから手続きの流れ、費用や注意点まで、商標登録に関する基礎知識を網羅的に解説。商標登録前に押さえておくべきポイントや、効率的な管理と活用方法についてもご紹介します。

商標登録の基礎知識

画像引用:初めてだったらここを読む~商標出願のいろは~

商標登録の基礎知識は、自社製品やサービスを他者のものと区別し、独自のブランド価値を築くために欠かせません。商標とは、事業者が自社の商品やサービスを他社のものと識別するために使用するネーミングやマークを指し、消費者に信頼と品質の証として認知されます。商標権を獲得することで、商標を独占的に使用できる権利が得られ、他者による無断使用や模倣を防ぐことが可能となります。登録可能な商標には、文字や図形、記号、音、色彩のみからなるものなど多様なタイプがあります。出願前には、先行する類似商標がないかを調査することが重要であり、これには特許庁の商標検索ツールが利用できます。出願から登録までの流れには、書類作成や特許庁への提出など複数のステップが含まれ、インターネットを使った出願方法も選択可能です​​​​。

商標登録のメリットとは?

商標登録のメリットは多岐にわたります。主に、事業者が自社の商品やサービスを他社のものと区別するために使用するネーミングやマークを保護することが目的で、消費者による信頼の構築にも寄与します。商標が認知されることで、その企業や商品は安心できる、信用できるというブランドイメージが形成され、「もの言わぬセールスマン」としての役割を果たします​​。一方で、商標登録をしない場合、他者の商標権を侵害してしまうリスクや、差止請求・損害賠償請求をされる恐れがあること、商標を使用するのに余計なコストがかかること、他人に登録されてトラブルに発展する可能性があることなど、様々な問題が生じる恐れがあります​​。

商標登録は、企業の財産とブランド価値を守る重要な手段であり、ビジネスを安全に展開するためにも積極的な検討が推奨されます。

出典:商標のメリット・デメリット

出願から登録までの流れ

商標登録のプロセスは、大まかに「調査→出願→審査→登録」の四つのステップに分けられます​​。最初のステップは、対象商標が既に登録されていないか、また、類似する商標がないかを確認するための調査です。この調査では、特許庁の商標データベースを用い、また、商標が一般的なものでなく、特徴があるかも判断します。このステージでは、権利範囲の判断も重要です。専門家による調査の場合、一週間程度で結果が出ることが多いですが、費用は無料から約5万円の範囲です​​。

次に、特許庁に商標登録の出願を行います。出願書類には個人名または法人名を記載し、共同出願も可能です。出願料は、区分数に応じて変わり、オンラインで出願すると電子化手数料が不要です​​。

出願後、特許庁による審査が行われ、この期間はおおよそ4~9ヶ月です。審査では、商標が他のものと同一または類似していないか、商標法に沿った形式で記載されているかなどがチェックされます​​。審査に通れば登録査定が下され、30日以内に登録料を納付することで商標権が発生します​​。

商標登録には様々な注意点があります。例えば、誰も使用していない商標でも登録できないケースがあるほか、権利を行使しないと効力が弱まる可能性もあるため、管理が重要です​​。また、商標登録をするメリットとしては、商標を独占できること、他人による使用を止められること、他社から使用中止を訴えられるリスクが減ることなどがあります​​。

これらの情報を総合すると、商標登録は単に登録するだけではなく、その後の管理や維持にも注意が必要であることがわかります。また、プロセス全体を理解し、各ステップを適切に進めることが成功の鍵となります。

出典:特許出願から登録までの流れは?

商標登録における注意点

商標登録において注意すべき点は、登録されていない商標には商標権が発生しないことですが、商標法に基づく「金銭的請求権」の発生があります。これは、出願後に警告を行った場合、登録前であっても商標使用により生じた業務上の損失に対する金銭の支払いを請求できる権利です。ただし、登録に至らなかった場合は権利がなかったものとみなされます​​。また、不正競争防止法により、商標が出願も登録もされていない場合でも、周知されている商標を他者が不正に使用することを禁じる規制があります​​。

TMマークは、商標が登録されていなくても使用可能で、商標登録されていることを示す意味は含まれません。このマークは、特にアメリカの商標法に基づく表示で、日本では慣習的に使用されています。TMマークの使用は、そのネーミングが商標であることを示し、他者の使用を抑制して普通名称化を防ぐメリットもあります​​。

商標登録後は、Rマーク(®️)の使用が可能になり、これは登録商標であることを示します。しかし、Rマークを使用する際は、商標が実際に登録されてから使用する必要があり、出願中の商標や登録が消滅した商標にこのマークを使用することは虚偽表示となり得ます​​。

商標登録に関する注意点を理解し、正確な手続きを行うことは、自社の商標を保護し、他者とのトラブルを避けるために重要です。

出典:商標登録するとこんなにいいことが!商標登録の注意点も解説

コンテンツSEO記事代行 この記事を作成したサービスで集客しよう!

商標登録の費用と手続き

商標登録には、出願から登録まで複数の段階があり、各段階で異なる費用が発生します。最初に特許庁に支払う出願料、登録が決定した後に支払う登録料があります。出願料と登録料の金額は、商標の区分(商品やサービスの分類)によって変わります。また、商標登録プロセスを支援する弁理士への報酬も考慮する必要があります。

更新時には、特許庁への更新登録印紙代が必要であり、これも損金として処理されます。弁理士への手数料も同様に損金になります。ライセンス契約を結んだ場合の使用料の仕訳については、親会社が商標権を得た場合、得た商標権を「無形固定資産」として10年間で減価償却することになります​​。

さらに、商標権を譲渡する場合、商標権は特許権、意匠権などの権利やノウハウと同様に、資産の譲渡として消費税の課税対象になります​​。このように、商標登録の費用は単に出願や登録時に限らず、登録後の管理や使用、さらには譲渡やライセンス契約など広範な場面で発生することがあり、商標の価値を最大化するためにはこれらの費用も考慮して戦略的に管理する必要があります。

出典:商標登録の費用はどれくらい?相場や内訳をわかりやすく解説!

商標登録の費用概要

商標登録の費用と手続きにはいくつかの重要なポイントがあります。商標登録プロセスは、調査、出願、審査対応、登録の4つの主要な段階に分かれ、それぞれで費用が発生します。具体的には、特許庁への出願料や登録料、弁理士への手数料が含まれます。更新時には、更新登録印紙代が損金として扱われ、弁理士への手数料も損金になります​​。

ライセンス契約を結んだ場合、親会社が商標権を得て関連会社が商標権の利用料を払う際には、商標権を「無形固定資産」として定額法による減価償却を10年間で行うことになります。関連会社は、支払った利用料を「繰延資産」として扱い、3年間で償却します。また、使用料を毎月支払う場合は、その支払い時の損金とすることもできます​​。

商標登録の際には、特許庁のデジタル化により、2024年4月1日から特許証や登録証は電子データで提供されるようになります。この変更は、商標登録のプロセスをより効率的にし、紙の文書の郵送を不要にします​​。

商標登録は、ブランドを守るための重要な手段ですが、その費用や手続きには様々な要素が関わっています。商標の調査時の費用には無料と有償の調査があり、業者によって提供されるサービスのレベルも異なります。商標登録の際には、これらのポイントを理解し、適切な計画と準備が必要です​​。

出典:商標登録の費用はどれくらい?相場や内訳をわかりやすく解説!

弁理士と特許事務所の役割

弁理士と特許事務所は、商標登録プロセスにおいて重要な役割を果たします。弁理士は、特許、実用新案、商標、意匠の登録を専門とする法律の専門家で、商標登録を含む知的財産権の申請や手続き、権利侵害に関する相談、訴訟などに関する専門的なアドバイスを提供します。一方、特許事務所は、これらの弁理士が所属している機関であり、クライアントの商標登録をはじめとする知的財産権に関連するサービスを提供します。

商標登録プロセスにおいて、弁理士は商標の検索から申請書類の作成、登録後の管理までをサポートし、登録が拒絶された場合の対応策や異議申し立てなど、複雑な手続きを代行します。特許事務所では、弁理士とともに、商標登録に関連する一連の手続きをサポートし、企業や個人が自己のブランドを効果的に保護するための戦略を立案します。

したがって、商標登録を検討する際には、弁理士の専門知識と特許事務所のサポートが不可欠です。これらの専門家を利用することで、商標の正確な登録、権利の確保、そして権利侵害からの保護が可能になります。

出典:特許出願における弁理士の役割

オンライン手続きのメリット

オンライン手続きのメリットには24時間いつでも申請可能、窓口訪問の手間やコスト削減、紙の手続きに比べて情報の紛失や漏洩リスクの低減などがあります。しかし、初期の設備投資コストや電子申請に不慣れな場合の時間ロス、データ入力ミスのリスク増加などのデメリットも考慮する必要があります​​。

商標登録前の重要チェックポイント

商標登録前には、商標が登録要件を満たしているか確認する必要があります。主なチェックポイントには、商標が登録対象となる要素(文字、図形など)を含むか、特定の商品やサービスで使用するものか、商標としての機能を果たせるか、有名商標の模倣やパロディではないか、他人が先に登録していないか、が含まれます​​。これらをクリアした後、申請準備を進めることができます。

商標の調査と選定の重要性

商標登録前に行う商標調査は、出願する商標が先行商標と競合しないかを確認し、登録の可能性を高めるために重要です。この調査は、商標が識別力を持ち、他人の商標と同一または類似していないか、公序良俗に反するものではないか、他人の氏名を含むものではないかなどを検討するものです​​​​。

商標調査には、自分で行う方法、専門家に依頼する方法、オンラインサービスを利用する方法があります。自分で行う場合は、特許情報プラットフォーム J-Plat Patなどの無料データベースを使用して調査を行いますが、専門的な知識がなければ判断が難しい場合が多いです。専門家に依頼すると、その商標の登録可能性についての現実的なアドバイスを受けることができ、出願・登録に向けた戦略的なサポートを受けられます。一方で、オンラインサービスは費用が比較的低く、簡易的な調査結果を得ることができますが、内容の充実度は専門家に依頼する場合に比べて劣ることがあります​​。

商標の調査と選定においては、商標が既に登録されているかどうか、または類似する商標が存在するかどうかを調査することが重要です。調査結果に基づき、登録可能性が低いと判断される場合は、商標の変更や修正を検討することが推奨されます。このプロセスを通じて、商標登録の可能性を高め、将来的なトラブルや余計な費用を避けることができます​​​​。

したがって、商標の調査と選定は、商標登録プロセスにおいて非常に重要なステップであり、特に専門家に依頼することで、より確実で戦略的なアプローチが可能になります。

出典:商標調査の必要性と当法人の調査について

類似商標との競合回避

類似商標との競合を回避するには、まずは指定商品・指定役務の重複部分を消去する方法が有効です。問題が生じている指定商品・指定役務を削除できない場合、権利の衝突が生じていることを認めた上で、出願商標と先行登録商標が互いに似ていないことを審査官に主張します。重複部分を削除する補正により、審査に合格できない理由を解消することができます​​。

出典:注意したい「商標の類似」に関する認識

国内外での商標登録戦略

国内外での商標登録戦略は、デジタル変革(DX)の進展と密接に関連しています。海外ではDXの取り組みが進む中、日本企業は必要性への理解度が低く、取り組みが遅れている状況です。これにより、国内企業がDXを進める際は、既存のビジネスモデルの見直しや、新しい顧客体験の提供など、競争力を維持するための戦略が必要になります​​。

商標登録代行業者の選び方

商標登録代行業者を選ぶ際には、信頼できる業者かどうかを見極めるポイントが重要です。許可を持っているか、清掃の実績が豊富か、現地調査を行って明確な見積書を提供しているかなど、具体的な基準を確認することが推奨されます​​。

Cotobox

Cotoboxは、迅速かつ低コストで商標登録を可能にするオンラインサービスです。AI技術を活用して手続きを自動化し、最短3分で申し込み、最短1日で出願が可能。50,000社以上の商標出願を支援し、96.3%の再利用意向度を誇ります。商標検索から申請、登録までの全プロセスをオンラインで完結でき、経験豊富な弁理士によるサポートも提供しています​​。

Toreru

Toreruは、ウェブシステムとAIを駆使して、商標登録の調査や出願を迅速に行えるサービスです。1分程度で手続きを開始でき、専門知識がない人でも簡単に利用できるのが特徴。自社の弁理士チームがサポートを提供し、低コストでスピーディーな申請サポートを実現しています。

デロイト トーマツ

デロイト トーマツは、商標登録サポートにおいて、商品だけでなく関連分野まで幅広く保護することを重視しています。商標専門の弁護士・弁理士が、出願前の調査から権利維持、ブランド戦略に関するアドバイスまで提供し、クライアントのビジネスと商標の保護を目指します。国内外の商標登録、拒絶理由への対応、更新手続きなど、商標に関わるあらゆるニーズに対応しています​​。

NGB株式会社

NGB株式会社は、商標登録代行サービスを提供し、調査、出願、更新・管理、保護・活用を網羅しています。経験豊富なスタッフが、データベースや国際ネットワークを駆使して最適な出願戦略を提案します。外国商標出願にも対応し、更新管理はCPA Global社と提携してリーズナブルなサービスを実現。権利侵害時の支援も行い、全面的な商標管理をサポートしています​​。

商標登録後の管理と活用

商標登録後の管理と活用には、効率的なデータマネジメントと一元管理が重要です。データアーキテクチャは、データの一貫性、信頼性、効率的なマネジメント、柔軟性、拡張性の確保、リスクの軽減とセキュリティの向上、データの効果的な活用と分析、そしてデータフローの効率化を支援します​​。これにより、商標情報の正確性とアクセス性が向上し、企業の意思決定や戦略策定に貢献することができます。

一方、一元管理は、業務効率化、コスト削減、ミスの低減、情報共有と活用の活発化、円滑なコミュニケーションの促進、セキュリティの向上など、多くのメリットを提供します​​。これにより、商標データの管理がしやすくなり、必要な情報を迅速に引き出して活用することが可能になります。これらのメリットを活かすことで、商標権の維持管理や戦略的な商標活用がより効果的に行えるようになります。

商標登録後の管理と活用は、企業のデータ管理体制や情報技術の活用度に大きく依存します。データアーキテクチャの設計と一元管理システムの導入により、商標データの有効活用とセキュリティの強化を図り、企業の競争力を高めることが重要です。

まとめ

  • 商標登録には、独自の商品やサービスを保護し、ビジネスのブランド価値を高める重要なメリットがあります​​​​。
  • 商標登録プロセスは、調査、出願、審査、登録の4段階に分かれ、各ステップでの注意点が存在します​​​​。
  • 商標登録の費用には出願料、登録料、弁理士への手数料が含まれ、長期的な管理や活用には追加のコストがかかる可能性があります​​​​。
  • オンラインでの商標登録手続きは、手間と時間の削減、紙ベースの手続きに比べたリスクの低減など複数のメリットを提供しますが、初期投資やデータ入力の誤りには注意が必要です​​。
  • 商標登録前には、商標の調査と選定が不可欠であり、類似商標との競合を避けるための戦略が重要です​​​​​​。
  • 国内外での商標登録戦略は、デジタル変革(DX)の進展と密接に関連し、企業の競争力を維持するために必要な取り組みです​​。
  • 商標登録代行業者を選ぶ際には、業者の許可、実績、透明性のある見積もり提供などが選定のキーポイントとなります​​。
  • 商標登録後の管理と活用には、効率的なデータマネジメントと一元管理が重要であり、データアーキテクチャの設計とシステムの導入により、商標データの有効活用が可能になります​​​​。

商標登録代行とはどのようなサービスですか?

商標登録代行サービスは、商標の出願から登録までの手続きを専門家が代わりに行うサービスです。商標登録の複雑なプロセスを簡単に進めることができます。

商標登録をするメリットは何ですか?

商標登録をすることで、自分の商品やサービス名が他者によって使用されることを防ぎ、ブランドの独自性と価値を守ることができます。

商標登録の手続きにはどのようなものがありますか?

商標登録の手続きには、商標の検索、出願書類の作成、出願手続き、審査、登録後の管理までが含まれます。各ステップには専門的な知識が必要です。

商標登録にかかる費用はどのくらいですか?

商標登録の費用は、出願料、代行業者の手数料、必要に応じて発生する追加費用などから成り立ちます。具体的な費用は代行業者によって異なります。

商標登録代行業者を選ぶ際のポイントは?

実績と専門性を持った弁理士が在籍しているか、料金体系が明確であるか、サポート体制が整っているかなどを重視して選ぶことが大切です。

商標登録できない商標はありますか?

一般的な名称、公序良俗に反するもの、他人が既に登録している商標など、登録できない商標が存在します。事前の検索が重要です。

商標登録の成功率を高めるには?

事前にしっかりと市場調査を行い、類似の商標がないか確認すること、専門家のアドバイスに従うことが成功率を高める鍵です。

商標登録後の管理には何が必要ですか?

商標登録後も、使用状況の監視や更新手続きなど、一定の管理が必要です。商標の価値を保持するためにも、専門家に相談することをお勧めします。

商標登録代行業者の選定で失敗しないためには?

複数の代行業者を比較し、サービス内容や料金、実績などを細かく確認することが重要です。口コミや評判も参考にしてください。

商標登録における弁理士の役割は?

弁理士は商標登録の専門家であり、出願書類の作成や審査の対応、権利の保護に至るまで、商標登録に関する全プロセスをサポートします。

 

このページへ情報を掲載しませんか?

ダイコ‼編集部
代行サービス比較メディアダイコ‼へ興味を示していただきありがとうございます。当ウェブサイトは良いサービスを見つけ納得してサービス比較選定ができるようになればとの思いから開設致しました。

掲載頂く事業者様へは見込み客を送客することで貢献いたします。当社は約10年日本国内において中小から上場企業を中心とした大手企業様のコンテンツマーケティングをご支援させていただきました。オウンドメディアを立ち上げ見込み客を送客する資産価値あるマーケティング手段をご提案し数多くの成果を達成しております。当メディアにおいてもコスパの良い適正価格において見込み客を送客するお手伝いをさせて頂きます。

上位表示実績(250キーワード以上で10位以内の掲載順位を達成)

上位のクエリ 掲載順位
緊急連絡先 代行 口コミ 1
保証人代行とは 1
商標 申請 費用 1
保証人代行サービスとは 1
商標申請 費用 1
商標登録料金 1
緊急 連絡 先 代行 おすすめ 1.05
緊急連絡先 代行 おすすめ 1.06
賃貸 退去 代行 1.17
賃貸 退去代行 1.19
緊急連絡先 代行会社 1.51
退去立会い代行 入居者 1.6
緊急連絡先代行 レビュー 1.67
base 制作代行 料金 1.72
緊急連絡先の請負会社 1.75
連帯保証人代行会社 ランキング 2
緊急連絡先 会社 2
緊急連絡先代行 生活保護 2
e-bay 代行 2
緊急連絡先 いない 役所 2
おひとりさま 緊急連絡先 2
アップスター レント 2
スターレント保証 評判 2
代行 連絡 2
緊急連絡先 いない どうする 2
緊急連絡先 役所 2
緊急連絡先なし 賃貸 2
連絡 評判 2
電話代行 料金 2
代行 緊急 2.04
ebay 購入代行 おすすめ 2.06
緊急連絡先 業者 2.17
電話代行 値段 2.18
緊急連絡先 保証会社 2.2
緊急連絡先代行業者 2.21
緊急連絡先 代行サービス 2.25
商標登録 料金 2.25
ebay 代理購入 2.27
緊急連絡先 請負会社 2.33
電話代行 相場 2.33
緊急連絡先 代行 安い 2.4
就職 緊急連絡先代行 2.4
身元保証人代行会社 ランキング 2.5
全国対応!「緊急連絡先」の代行サービス|緊急連絡先代行 2.52
賃貸契約 緊急連絡先代行 2.59
緊急連絡先代行サービス 2.6
カウベイ 口コミ 2.6
カウベイ 評判 2.61
退去 業者 2.62
カウベイ 評価 2.67
会社 緊急連絡先 いない 2.67
小規模ホテル 運営代行 2.67
緊急連絡先 代行 賃貸 2.67
賃貸 緊急連絡先 代行 2.74
ebay 代行購入 2.77
退去立会い代行 料金 2.8
商標登録 代行 大阪 2.87
立会業者 2.9
緊急連絡人 代行 2.93
立ち会い業者 2.95
困りごとサポート支援機構 評判 2.98
救急搬送 連絡 こない 3
商標登録 費用 3
電話代行サービス 料金 3
緊急連絡先 請負 3
天涯孤独 緊急連絡先 3
契約更新 緊急連絡先代行 3.04
貿易ネットコム 評判 3.06
アリコトラスト 口コミ 3.23
就職 緊急連絡先 代行 3.26
ebay 代行 手数料 最安 3.26
緊急連絡先代行.com 3.29
原状回復 立会い代行 3.3
緊急連絡先代行 行政書士 3.33
ebay 代行 評判 3.33
緊急 連絡 代行 3.36
緊急連絡先代行ドットコム 評判 3.38
カウベイ 高い 3.41
緊急連絡先ドットコム 3.43
賃貸 退去立会い 業者 3.52
緊急連絡先 代行 無料 3.59
ebay 代行業者 3.63
退去代行 3.66
退去立会代行 評判 3.67
退去 代行 3.67
賃貸 退去 立会い 業者 3.75
カウベイ 使ってみた 3.82
最速な緊急連絡 3.83
退去立ち合い 代行 3.84
全国対応!「緊急連絡先」の代行サービス|緊急連絡先代行.com 3.89
退去立会 業者 3.95
退去 立会い 代行 4
プラスサービス 保証人 口コミ 4
ebay 購入 代行 4
プロシードネットワーク 裁判 4
一般社団法人 困りごとサポート支援機構 4
株式会社エムシーサービス 4
緊急連絡先 会社 提出 4
退去立会い業者 4.02
退去立会い代行 4.02
ebay代行 おすすめ 4.04
ebay 輸入代行 おすすめ 4.08
全国緊急連絡先受付センター 4.09
立ち会い代行 4.19
ebay 購入代行 4.23
緊急連絡先 行政書士 料金 4.28
ebay 代行 おすすめ 4.29
bidbuy japan 評判 4.38
緊急連絡先 サービス 4.39
退去立会い 代行 4.46
緊急連絡先代行 4.49
保証人代行 プラスサービス 評判 4.5
困りごとサポート支援機構 4.67
退去立ち会い代行 4.67
緊急連絡先 代行 行政書士 4.76
緊急連絡先 代行 4.89
全国緊急連絡先受付センター 評判 4.97
プロシードネットワーク 佐藤 5
base 海外発送代行 5
センコー株式会社 プロシードネットワーク 評判 5
ツムググループ 評判 5
緊急連絡先 高齢者 5
緊急連絡先代行ドットコム 5.02
緊急連絡先 代行 弁護士 5.1
緊急連絡先代行 違法 5.13
緊急連絡先 代行 違法 5.17
緊急連絡先協会 評判 5.28
雇用契約 緊急連絡先代行 5.31
base 構築代行 5.44
全国緊急連絡先代行アローズ 評判 5.55
ebay 輸入代行 5.58
退去立会代行 5.58
イーベイ代行 5.6
base 制作代行 5.68
緊急連絡先 代行 行政書士 東京 5.69
base 制作 代行 5.91
e bay 代行 5.92
ebay 輸入 代行 5.96

※掲載順位やクリック数CTRなどの詳細につきましてはお問い合わせください。

掲載プランについて

掲載プランは下記のとおりです。お客様ごとにカスタマイズした内容も検討致します。詳しくはご希望をお申し付けください。

プラン内容 費用(税別) 備考
【A】掲載プラン 貴社サービスの情報を上位表示されている記事に掲載するプランです 月額数千円~ 年払いの場合、初期費用無料
【B】成果報酬プラン 貴社専用の問い合わせフォームを設置し問い合わせが発生したときに費用が発生するプランです(掲載費無料) 要お問い合わせ/件 問い合わせあたりの費用。月末締め翌月10日のお支払い
【C】記事広告プラン 貴社専用の記事広告を作成し希望されるキーワードで上位表示を目指すプランです。 要お問い合わせ ターゲット戦略、競合比較、記事構成案、記事作成、メディア掲載
【D】記事作成プラン 貴社ウェブサイトに掲載するSEOに準拠した記事を作成します。 55,000円 ターゲット戦略、競合比較、記事構成案、記事作成

その他ウェブマーケティング支援やコンサルティング、マーケティングに適したウェブサイトの制作やDX支援なども対応可能です。詳しくは問い合わせフォームよりご相談ください。


下記フォームよりご相談ください

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
希望プラン