賃貸契約で安心の緊急連絡先代行業者を見つけよう【11選】

目次

今すぐ緊急連絡先代行を依頼(お急ぎの方はコチラ)

ダイコ!!代行サービス販売

※2年間有効※賃貸契約時などにご利用ください※お申し込みから最長10営業日お時間頂戴する場合がございます※緊急連絡先をご…

上記ウェブサイトより購入の上緊急連絡先代行サービスを依頼頂けます。

銀行振込、カード決済、AmazonPay、ペイパル等様々な決済手段をご用意。コンビニ決済、後払い、携帯キャリア決済もご利用いただけます。

緊急連絡先代行業者の重要性とは?

緊急時には迅速な連絡が肝要です。賃貸契約においても、緊急の状況下では大家や管理会社に連絡が必要ですが、彼らがいつでも対応できるわけではありません。そのため、緊急時に頼りになるのが緊急連絡先代行業者です。緊急連絡先代行業者は24時間365日体制で対応し、緊急時に即座に手助けしてくれます。また、緊急事態においては冷静な判断が難しいことがありますが、緊急連絡先代行業者に依頼することで、適切な対応が確保されます。

緊急連絡先代行業者の利用方法については各社のウェブサイトなどで詳細を確認できます。

賃貸契約における緊急連絡先の役割

賃貸契約において、大家や管理会社には緊急時の対応義務が課せられています。しかし、常に大家や管理会社が即座に対応できるわけではないというのが現実です。このため、賃貸契約においては、緊急時に大家や管理会社に代わって緊急連絡先を設定できる制度が存在します。ただし、基本的には連絡の取り次ぎを行ったりするだけなので、緊急連絡先の人に対して滞納した家賃の支払い義務だったり、契約者不在によるトラブルの責任を負うといった事はできません。

画像出典:賃貸の緊急連絡先とは?いない時でも嘘をつかずに契約するための全知識

この緊急連絡先は、火災や水漏れなどの緊急事態が発生した際に、迅速な対応が可能なプロの業者です。緊急連絡先を設定することで、大家や管理会社が対応できない場合でも、迅速なアクションを得ることができます。また、緊急連絡先を設定することで、大家や管理会社に代わり、緊急時の対応を担当することができます。緊急連絡先は賃貸契約において極めて重要な役割を果たす要素と言えるでしょう。

緊急連絡先が必要な状況

賃貸契約以外にも緊急連絡先を求められる状況があります。誰にでも起こりうる事であれば、災害時などが挙げられるでしょう。他にも、アルバイトの際に持ち込む履歴書には緊急連絡先を記入する欄があり、職場によっては緊急連絡先の有無を重視している事もあります。また、高齢者や身寄りの無い、助けてくれる家族や知人が居ない人などにとっても、緊急連絡先は必要なものと言えるでしょう。

コンテンツSEO記事代行 この記事を作成したサービスで集客しよう!

アルバイトなどに応募する際の履歴書

アルバイトやパートタイムの仕事に応募する際、履歴書に緊急連絡先を記入することが求められます。この緊急連絡先は、雇用主が緊急の連絡を取るために必要な情報です。必須事項ではないかもしれませんが、記入しておくことで、雇用後に緊急トラブルが発生した際に手間を減らすことができます。したがって、可能であれば緊急連絡先を記入しておくことをお勧めします。

出典:履歴書の緊急連絡先|どの住所や電話番号を書けばいい?(サンプルあり)

高齢者などの身寄りが無い人

高齢者や身寄りのない人々にとって、緊急連絡先は非常に重要です。高齢者や何らかの心身のハンデを背負っている方は日常生活において、緊急のサポートや連絡が不可欠な場面に遭遇することがあります。したがって、予期せぬ事態に備えて緊急連絡先を用意しておくことは、身寄りのない人々でも助けを求める手段として大変役立ちます。

出典:緊急連絡先は誰にするべき?おひとりさまの老後の緊急時に備えよう

高齢者向け身元保証人代行についてはこちら
関連記事

身元保証人の不在が契約や生活に影響を与える場合、身元保証代行業者は実用的な解決策を提供します。本記事では、信頼できる身元保証代行業者の選び方、利用時のメリットと注意点、よくあるトラブルとその対策方法について解説し、安心してサービスを選択する[…]

代行業者の役割と安心感

緊急連絡先代行業者は緊急時に即座に対応してくれる信頼性が期待されます。自然災害、盗難、不審者などの緊急事態に対応でき、緊急時には冷静な判断が難しい状況でも適切な対応を提供します。さらに、緊急連絡先代行業者は24時間365日対応しており、緊急時には即座に対応してくれるため、安心感を得ることができます。

緊急連絡先代行業者を利用することで緊急時の安全と安心を確保できます。

出典:緊急連絡先代行業者を使うのは違法なのか?利用方法も併せて徹底解説!

緊急連絡先代行業者の比較方法

緊急連絡先代行業者を比較する際には、以下のポイントに注意することが重要です:

  1. 対応時間
    代行業者が24時間365日対応しているかどうか、また対応時間帯が広いかどうかを確認しましょう。
  2. 対応エリア
    代行業者が対応しているエリアが、あなたが住んでいる地域に含まれているか確認しましょう。
  3. 料金
    代行業者の料金を比較することが大切です。料金は契約期間や対応内容によって異なるため、自分に合ったプランを選びましょう。
  4. 対応内容
    代行業者が提供するサービスが、あなたが必要とする内容に含まれているか確認しましょう。
  5. 口コミ・評判
    代行業者の口コミや評判を調べることが大切です。実際に利用した人の意見を参考にし、信頼性を確認しましょう。

これらのポイントを考慮して、複数の緊急連絡先代行業者を比較することで、自分に適した選択をすることができます。

出典:【緊急時に即時対応】信頼性の高い緊急連絡先代行業者5社を徹底比較!

代行業者の選び方のポイント

代行業者を選ぶ際には上記の比較方法を基にして、自分に合った業者を選ぶことがおすすめです。さらに以下の2つのポイントを考慮することも重要です。

  1. 信頼性
    緊急連絡先は信頼性が非常に重要です。信頼性の低い業者に依頼すると余計なトラブルの原因となる可能性があります。信頼性の高い業者を選ぶことで安心して利用できます。
  2. コスト
    緊急連絡先は常に必要とされるものではないため、コストが無駄にかかると家計に負担をかけてしまう可能性があります。コスト面でも自分の予算に合った業者を選びましょう。適切なバランスを見つけることが重要です。

これらのポイントを考慮して、信頼性とコストの両方を満たす代行業者を選ぶことが、安心して緊急連絡先を利用するための重要なステップです。それぞれ詳しく解説していきましょう。

信頼性のチェック

緊急連絡先代行業者を選ぶ際には信頼性が非常に重要なポイントです。信頼性を確認するためには、以下の方法が役立ちます。

  1. 口コミや評判を調べる
    緊急連絡先代行業者の口コミや評判を調べることで、他の利用者の体験や評価を知ることができます。口コミサイトやSNSを活用して、信頼性についての情報を収集しましょう。
  2. 業者の実績を確認する
    緊急連絡先代行業者の実績や過去の活動を確認することで、その業者の信頼性を判断できます。業者の公式ホームページやパンフレットをチェックし、実績に関する情報を探しましょう。
  3. 契約内容を確認する
    緊急連絡先代行業者との契約内容を詳しく確認しましょう。対応時間や対応範囲など、契約に関する詳細な情報を確認することが大切です。契約前に不明点を解消しましょう。

信頼性を確認するために、これらの方法を組み合わせて利用することが大切です。信頼性の高い緊急連絡先代行業者を選ぶことで、安心して利用できます。

出典:緊急連絡先代行のおすすめ業者5選!最安の業者はどこ?

料金比較とコスト効率性

緊急連絡先代行業者を選ぶ際に料金の比較も重要な要素です。各代行業者は契約期間や対応範囲に応じて異なる料金体系を持っています。そのため、複数の業者を比較し、自身のニーズに合ったコスト効率の良い業者を選ぶことが大切です。ただし、料金が安いからといって必ずしも良い業者とは限りません。信頼性や対応範囲なども考慮し、総合的な判断をすることが重要です。

顧客レビューの活用

緊急連絡先代行業者を選ぶ際には顧客レビューを活用することも重要なポイントです。顧客レビューには、実際にその業者を利用した人たちの声が集まっています。そのため、信頼性や対応力、料金などを客観的に知ることができます。ただし、顧客レビューも全てが真実とは限りません。業者の評価が極端に高い場合や低い場合は、偏りがある可能性があります。複数のレビューを参考にし、客観的な判断をすることが大切です。

ただし、当然ながらわざわざ「自分は緊急連絡先がありません!」と公表する人は多く無く、実際に緊急連絡先代行業者を利用した、というレビューはあまりありません。

出典:緊急連絡先代行の口コミ調査、信用できる会社はどこか

緊急連絡先代行業者の利用方法

緊急連絡先代行業者を利用する方法について、以下の一般的な手順があります。

  1. 代行業者を選ぶ
    まず、複数の緊急連絡先代行業者を比較し、自分に合った業者を選びます。信頼性、料金、対応範囲などを検討し、総合的な判断を行います。
  2. 契約する
    選んだ代行業者と契約を結びます。契約内容には、対応範囲、料金体系、連絡方法などが含まれます。契約書をよく確認し、納得の上で契約を締結します。
  3. 緊急時に連絡する
    緊急の事態が発生した場合、代行業者に連絡します。代行業者は契約内容に基づいて適切な対応を行います。連絡方法については契約時に確認しておきましょう。
  4. 代行業者からの連絡を待つ
    代行業者は緊急の事態に対応した後、必要に応じて契約者に連絡をします。代行業者からの指示に従い、協力します。

緊急連絡先代行業者を利用する際には契約内容や連絡方法を確認し、緊急時に備えて準備しておくことが大切です。

出典:緊急連絡先代行業者を使うのは違法なのか?利用方法も併せて徹底解説!

代行業者の契約手続き

緊急連絡先代行業者を利用するためには契約手続きが必要です。代行業者によって契約手続きの方法は異なりますが、一般的には以下のような流れになります。

  1. 代行業者の情報収集
    代行業者のホームページやパンフレットなどから、契約内容や料金プランを確認します。これによって、自分に合ったプランを選ぶ際の基準を把握できます。
  2. プラン選択と契約申込書記入
    希望するプランを選択し、代行業者が提供する契約申込書に必要事項を正確に記入します。ここで自分の連絡先情報や緊急時の連絡方法を明確に伝えることが大切です。
  3. 契約内容説明と確認
    代行業者から契約内容や料金についての説明を受けます。この際、納得できるまで質問をし、契約内容をしっかり理解しておくことが重要です。不明点があれば確認を行います。
  4. 契約書への署名と必要書類提出
    契約に同意したら、契約書に署名し、代行業者が必要とする書類を提出します。これにより正式な契約が成立します。
  5. 契約完了通知受取り
    代行業者から契約が正式に完了したことを通知されます。この通知を受け取ったら、緊急時に連絡するための準備が整いました。

契約手続きが完了したら、緊急時には代行業者に迅速に連絡することができ、適切な対応を受けることができます。また、代行業者によっては24時間体制で対応しているところもあり、緊急時以外にも相談や問い合わせに対応している場合もあるので、その点も確認すると良いでしょう。

緊急時の連絡方法

緊急時に代行業者に連絡することで、指定した緊急連絡先に連絡を取ってもらうプロセスがスムーズに進みます。代行業者への連絡方法は業者によって異なりますが、一般的な方法として以下が挙げられます。

  • 電話やメールを利用して代行業者に緊急事態を通知する。
  • 代行業者は指定された緊急連絡先にかわり、緊急時の対応を手配します。

24時間対応している代行業者も存在し、緊急時に安心して連絡できます。また、代行業者は指定された緊急連絡先に対して、緊急時の適切な対応方法や必要な情報を伝える役割も担います。これにより、迅速かつ効果的な緊急対応が可能になります。

賃貸契約における保証と緊急連絡先

賃貸契約において緊急連絡先は極めて重要な役割を果たします。

緊急の際には速やかに連絡を取り、適切な対応が求められます。その際、緊急連絡先代行業者を活用することでより迅速な対応が期待できます。ただし、代行業者を選ぶ際には信頼性の確認が不可欠です。

代行業者を選定する際には口コミや評判を注意深く調査することが必要です。さらに、代行業者との契約手続きや緊急時の連絡方法についても、事前に充分な情報を収集し、備えておくことが賢明です。

出典:賃貸契約の緊急連絡先はなぜ必要?書ける人がいない場合の対処法も解説

保証と代行業者の関連性

緊急連絡先代行業者を利用する際には保証に関する重要な点に留意する必要があります。通常、緊急連絡先代行業者を利用するには賃貸契約に特定の条件が組み込まれることが一般的です。また、代行業者を利用する際には保証金や保険料の支払いが必要な場合があります。これらの費用は代行業者が緊急時に適切な対応を行うために必要とされます。

保証に関する注意点を確認する際には賃貸契約書を入念に調査し、緊急連絡先代行業者に関連する特別な条件や規定を確認することが不可欠です。同様に、保証金や保険料についても詳細を確認し、その金額や支払い方法について明確に理解することが重要です。これにより、緊急時のサポートが円滑に行え、不測の状況に対処できる安心感を得ることができます。

出典:賃貸契約や賃貸保証会社の緊急連絡先になる人が知っておきたいこと。

緊急連絡先代行業者の保証範囲

緊急連絡先代行業者は賃貸契約時に入居者の緊急時の連絡先を代行するサービスを提供しています。代行業者が提供する保証範囲は業者によって異なりますが、一般的には以下のような内容が含まれます。

  1. 大家や管理会社との連絡代行
    緊急時に代行業者が入居者の代わりに大家や管理会社との連絡を取り、トラブルや問題の解決に向けた手続きを行います。
  2. 専門家との連絡代行
    緊急時に代行業者が入居者の代わりに修理業者や救急隊などの専門家との連絡を取り、必要な対応を調整・手配します。
  3. 鍵の開錠や交換などの対応
    代行業者が入居者の代わりに鍵の紛失やトラブル時に鍵の開錠や交換などの緊急対応を行います。

ただし、代行業者が提供するサービスの内容や範囲は契約内容によって異なるため、入居前に契約条件、料金、保証範囲などをしっかりと確認することが重要です。   

おすすめの緊急連絡先代行業者

続いておすすめの緊急連絡先代行業者をご紹介します。今回ご紹介する業者は下記の10社と代行業者以外の利用方法です。

日本アリバイ協会

日本アリバイ協会は、賃貸契約や入院、入学、会社への入社時に必要な緊急連絡先の代行サービスを提供する緊急連絡先代行業者です。この協会は公式サイトで業界最安値をうたい、年齢や性別、職業にかかわらず、最短30分で緊急連絡先の代行を行うことができます。さらに、緊急連絡先代行業者を利用する際の注意点や違法性についての解説も公式サイトに掲載されています。

日本アリバイ協会はNPO法人日本保証サポートセンターの一部として緊急連絡先代行を提供しており、公益社団法人全国老人福祉施設協議会にも加盟しているため、信頼性の高い業者として活動しています。

緊急連絡先代行ドットコム

緊急連絡先ドットコムは緊急時に代理で電話対応を行う代行業者の一つです。初回登録料は5500円で、サービス利用料は2年間で13,200円となります。申し込みから利用開始までは来店不要で、メール、FAX、郵送を通じて手続きが可能です。受付窓口は年中無休で営業しており、緊急時に手軽に利用できます。公式サイトには料金プランやよくある質問などの情報も掲載されています。

全国緊急連絡先代行アローズ

全国緊急連絡先代行アローズは緊急時に代行業務を行う企業です。賃貸契約においては、入居者が緊急時に連絡が取れない場合に、アローズが代わりに大家や管理会社に連絡を取り、対応を行います。アローズは24時間365日対応しており、全国に約2,000名のスタッフを抱えています。また、アローズは入居者の安心を守るため、緊急時に必要な対応を行うだけでなく、入居者の代わりに修理業者やガス会社などとのやり取りも行っています。

スターレント保証

スターレント保証は賃貸契約において緊急連絡先代行業務を提供する企業です。この代行業務は、入居者が緊急時に連絡が取れない場合に、大家さんや不動産会社とのコミュニケーションを代行し、トラブルの解決を支援する役割を果たします。スターレント保証は、24時間365日対応しており、入居者の安全と安心を最優先に考え、スピーディで丁寧な対応を提供しています。また、同社は家賃滞納に関する保証サービスも提供し、入居者と大家さん・不動産会社との円滑なトラブル解決に貢献しています。

一般社団法人MKマネジメントパートナーズ

一般社団法人MKマネジメントパートナーズは緊急連絡先代行業者の一つです。この企業は、賃貸物件において入居者の緊急連絡先として登録され、トラブルや災害時に入居者に代わって大家や不動産会社との連絡を取り、対応できます。さらに、同社は公式サイトによると、24時間365日対応しており、緊急時には素早く適切な対応を提供しています。

個人情報の取り扱いについても厳重に管理し、入居者のプライバシー保護に配慮しています。

ファインワールド保証

ファインワールド保証は賃貸住宅に特化し、入居者の緊急時の安心をサポートする保証会社です。緊急時に入居者が連絡できない場合には、代行業務を通じて円滑な対応を可能にし、専門スタッフが24時間365日対応します。これにより、賃貸契約者はいつでも安心して利用できます。

緊急連絡先協会

緊急連絡先協会は賃貸住宅における緊急連絡先代行サービスを提供している企業です。通常、賃貸契約を結ぶ際には、緊急時の連絡先を指定する必要があります。しかし、頼れる人がいない場合や海外に滞在している場合など、適切な連絡先を指定できないことがあります。このようなケースに対応するため、緊急連絡先協会は代行サービスを提供しています。

緊急連絡先協会の特長は契約者が適切な連絡先を指定できない場合でも、代行して緊急時の連絡先を提供する点です。さらに、事前に必要な情報を登録しておくことで、緊急時の対応がより迅速かつ正確に行われる仕組みが整っています。

緊急連絡先協会のサービスを利用することで、賃貸住宅における緊急トラブルに対して安心感を得ることができます。

アリコ・トラスト

アリコ・トラストは賃貸契約者の安心をサポートする緊急連絡先代行業者です。万が一の緊急事態に備え、24時間365日対応し、迅速かつ丁寧な対応を提供します。同社の特徴として、豊富な経験と実績、多彩なサービス提供、そして信頼された実績が挙げられます。賃貸契約者のトラブル解決や負担軽減を支援し、安心して賃貸物件を利用できるようにサポートします。

一般社団法人困りごとサポート支援機構

一般社団法人困りごとサポート支援機構は緊急時に賃貸契約者の安心をサポートする企業です。賃貸契約者が緊急時に大家さんや不動産屋に直接連絡が取れない場合、同社は代行業務を通じてスムーズな対応を提供します。

同社の大きな強みは24時間365日対応が可能なことです。専門のスタッフが代行業務に対応し、賃貸契約者が安心して利用できるようになっています。さらに、賃貸契約者向けに緊急時に必要な情報を提供し、トラブルを未然に防ぐことを目指しています。

スター行政書士事務所

スター行政書士事務所は東京都渋谷区に本社を構え、行政書士法人として活動している企業です。同社は行政書士業務を中心に、不動産業務や法務業務なども幅広く提供しています。特に、賃貸借契約に関する相談や手続きにおいては高い専門性を発揮し、緊急連絡先代行業務も提供しています。

スター行政書士事務所は、多彩なサービスと高い専門性を兼ね備え、賃貸借契約や法務に関するクライアントの要望に迅速かつ適切に対応します。

弁護士や法律事務所

弁護士や法律事務所は賃貸契約においても緊急連絡先代行業者として利用されることがあります。

弁護士や法律事務所の強みは、法律に関する専門知識を持っていることです。また、法律事務所によっては、不動産問題や相続問題など、賃貸契約に関する問題にも対応している場合があります。弁護士や法律事務所に依頼することで、法的な問題に対して適切なアドバイスを受けることができます。

緊急連絡先代行業者の選択するには

まとめ

緊急連絡先代行業者は賃貸契約において、入居者が緊急時に大家や不動産会社と連絡をとるのが難しい場合に、その代行をしてくれるサービスを提供しています。このサービスを利用することで、入居者は安心感を持つことができます。

自分に合った代行業者を選ぶためには、事前にしっかりとサービス内容や料金、評価を比較することが重要です。

緊急連絡先代行業者に関するQ&A

緊急連絡先とは何ですか?

緊急連絡先とは、賃貸物件において入居者が何らかのトラブルに巻き込まれた際に、入居者と連絡が取れない場合に連絡を取るための代理人のことです。

緊急連絡先代行業者とは何ですか?

緊急連絡先代行業者とは、入居者が緊急時に連絡を取ることができない場合に代わりに連絡を取ってくれる業者のことです。

緊急連絡先代行業者を利用する際の注意点はありますか?

緊急連絡先代行業者を利用する際には、違法業者には注意が必要です。また、代行業者によっては登録料や月額利用料が必要な場合があるため、契約内容をよく確認することが重要です。

緊急連絡先代行業者の利用方法はどのようになりますか?

緊急連絡先代行業者の利用方法は、契約時に代行業者に緊急連絡先として登録することで利用することができます。緊急時には代行業者に連絡をし、代行業者が入居者に連絡を取ることでトラブル解決につながります。

緊急連絡先代行業者を比較する際に注意すべきポイントは何ですか?

緊急連絡先代行業者を比較する際には、代行業者の信頼性や料金体系、対応範囲などを比較することが重要です。また、口コミや評価なども参考にすると良いでしょう。

賃貸契約において緊急連絡先が必要な理由は何ですか?

賃貸契約において緊急連絡先が必要な理由は、入居者が何らかのトラブルに巻き込まれた際に、入居者と連絡が取れない場合に代理人が連絡を取ることで、トラブル解決につながるためです。

緊急連絡先に登録できる人物に制限はありますか?

緊急連絡先に登録できる人物には、大家さんや不動産屋によって制限がある場合があります。一般的には、3親等以内で年齢は20歳~70歳までなどの制限がある場合があります。

緊急連絡先と連帯保証人の違いは何ですか?

緊急連絡先と連帯保証人の違いは、「支払い義務の有無」です。緊急連絡先は入居者と連絡を取るための人であり、支払い義務はありません。一方、連帯保証人は入居者が家賃などを滞納した場合に代わりに負担しなければならず、支払い義務があります。

緊急連絡先代行業者を利用することは違法なのでしょうか?

緊急連絡先代行業者を利用すること自体は違法ではありません。ただし、違法業者には注意が必要です。

緊急連絡先代行業者を利用する際に必要な情報は何ですか?

緊急連絡先代行業者を利用する際に必要な情報は、住所、電話番号、年齢、続柄などです。大家さんや不動産屋によっては、3親等以内で年齢は20歳~70歳までなどの制限がある場合があります。